Macでゴミ箱に入れずにファイルを削除する方法【ショートカットキーを紹介】

Macでファイル削除するときにゴミ箱に入れずに削除する方法ってないの?

そんな方のために本記事では、Macでゴミ箱に入れずにファイルを削除する方法を紹介します。

目次

ショートカットキーでサクッと削除!Macでゴミ箱に入れずにファイルを削除する方法

Macでゴミ箱に入れずにファイルを削除するショートカットキーは「option」+「command」+「delete」です。

Macファイル削除

削除したいファイルを選択した状態で、「option」+「command」+「delete」を押すと下の画像のように確認のメッセージが表示されるので、削除してOKなら「削除」をクリック。

これで削除は完了です。

Macでゴミ箱に入れずにファイルを削除する方法まとめ

ショートカットキーでサクッと削除する方法を紹介しました。ファイルをゴミ箱に残したくないという方は使ってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット、ブログ運営、稼ぐ方法、アニメ、食べ物などの話題が気になるブロガーです。

レビュー記事やモノ・サービスの使い方・操作方法に関する記事を中心に書いています。

目次
閉じる