ブログで稼ぐ

iPhoneからMacにAirDropで写真・画像を送信する方法【ブログで使う写真・画像を送信するときに便利】

iPhoneとマック
ブログの記事で使うためにiPhoneで撮影した写真やスクリーンショット画像をMacにサクッと送信したいんだけどいい方法ない?

そんな方のために本記事では、iPhoneからMacにAirDropで写真・画像を送信する方法を解説します。

iPhone内の写真・画像はライトニングケーブルでMacに接続して、写真アプリで読み込むことができますが、いちいちケーブルで接続するのは面倒です。そんなときに便利なのがAirDropです。AirDropを使うとiPhoneで撮影した写真・画像をサクッとMacに送信できます。ブログをやっている方でAirDropの使い方を知らない方は、便利なのでぜひ覚えておきましょう。

AirDropとはどんな機能?

AirDropでデータ共有する二人

AirDropを使うと、写真・画像をはじめ、ビデオ、Webサイト、位置情報などを近くにあるiPhone、iPad、iPod touch、Macにワイヤレスで送信することができます。

iPhoneとMacでAirDropをオンにする

ではここからは、iPhoneとMacでAirDropを利用するための準備をしていきましょう。

iPhoneのAirDropをオンにする方法

iPhoneのコントロールセンターを表示します。そして「Wi-Fi」と「Bluetooth」のアイコンをタップしてオンにします。

iPhoneのAirDrop設定1

コントロールセンター左上にある4つのアイコンのどれかを1つを強めに押します。

iPhoneのAirDrop設定2

すると下の画像のようなメニューが表示されるので、「AirDrop」をタップし、「連絡先のみ」「すべての人」どちらかをタップすれば「AirDrop」をオンにできます。

  • 連絡先のみ:自分が使っているデバイスは、連絡先に登録されている人からしか認識されない状態になります。セキュリティ的な面を考えるとこちらをおすすめします。
  • すべての人:近くにあるどのiOSデバイスからでも自分のデバイスが認識される状態になります。
iPhoneのAirDrop設定3-side

MacのAirDropをオンにする方法

Macの「Finder」を表示し、

  1. 「AirDrop」をクリック
  2. そして画面下にある「このMacに検出可能な相手」をクリックし、「連絡先のみ」「すべての人」どちらかをクリック

これでMacのAirDropをオンにできます。

MacのAirDrop画面
「AirDrop」が画像のように表示されていない場合は、「Finder」をクリックし、画面上部の「移動」→「AirDrop」で開けます。

iPhoneからMacにAirDropで写真・画像を送信する方法

準備が完了したので、ここからはiPhoneからMacにAirDropで写真・画像を送信する方法を解説していきます。

まず、iPhoneの写真アプリをタップします。

iPhoneの写真アプリ

写真アプリからブログで使う予定の写真・画像を選び、画面左下にある「共有アイコン」をタップします。

iPhoneからMacにAirDrop1

すると「タップしてAirDropで共有」のところに共有可能なデバイスが表示されます。デバイスを確認し、OKならタップしましょう。これで選択した写真・画像をMacに送信できます。送信が完了したら「送信済み」と表示されます。

写真・画像は1枚だけでなく、複数枚選択して送信することができます。

iPhoneからMacにAirDrop2-side

まとめ:AirDropは便利なのでどんどん活用しよう!

iPhoneからMacにAirDropで写真・画像を送信する方法をご紹介しました。

iPhoneをライトニングケーブルでMacと接続して取り込むこともできますが、AirDropの方が楽で便利なので、ブログをやっている方でAirDrop使っていなかった方はぜひ利用してみてください。

本記事では、ブログを書く人向けに書いていますが、AirDropは写真・画像だけでなく、ビデオ、Webサイト、位置情報などを近くにあるiPhone、iPad、iPod touch、Macにワイヤレスで送信できる非常に便利な機能なので、いろいろと利用してみてください。