アオアシ(アニメ)感想・評価まとめ

アオアシ キービジュアル
©小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会

4月9日から放送開始のTVアニメ『アオアシ』の全話感想・レビュー・評価をまとめています。

見逃し配信におすすめの動画配信サービスの情報も紹介しています。

目次

アオアシ1話感想 ファーストタッチ

アニメ『アオアシ』1話の感想です。葦人の能力がやばい。

頭突き

まさかアニメ始まったときの試合で頭突きするとは・・・まああんなこと言われたらムカつきますよね。

煽りまくったキーパーの子は、最終的に家まで謝りにきたので、思ったよりも悪い子ではない模様。

葦人のすごい能力

フィールドにいた22人全員の位置を把握するとかやばい。

まだ技術的は微妙なところも多々あるっぽいけど、この能力だけでも天才と言ってもいいぐらいすごいんじゃないかと思う。

お兄ちゃん優しい

がんばって貯めたお金を弟のセレクションのためにポンと出してくれるお兄ちゃん優しすぎる。

とりあえずこれでセレクションを受けることはできそうだから、次回どうなるのか楽しみ。

アオアシ2話感想 東京シティ・エスペリオン

アニメ『アオアシ』2話の感想です。東京シティ・エスペリオンの施設でかい。

一次試験のミニゲーム

ミニゲームはかなり戦力が偏ったチーム分けになってかなり劣勢な状況だったけど、葦人が全体を見渡す能力を発揮したことで一気に流れが変わった。やはりこの能力やばい。

あと大友の察知能力もすごい。葦人の動きの意図を予測して動いているところもあったし、大友もかなりすごい選手になりそうな予感。

一条 花

東京シティ・エスペリオンの施設で登場した一条 花めっちゃくちゃ可愛い。

メインヒロインになる感じのキャラなんだろうか?とにかく今後も注目キャラになりそう。

アオアシ3話感想 最終試験開始

アニメ『アオアシ』3話の感想です。ついに最終試験開始。

一次試験を通過した葦人が挑むことになったのは、東京シティ・エスペリオンユース。見るからに強そう。

実際に試合が始まっても実力差は明らか。これでポジションをコンバートしてこの差は心折られる。

あと阿久津は雰囲気も行動もやばい。

アオアシ4話感想 CROW

アニメ『アオアシ』4話の感想です。このままでは終われない。

最後まで諦めない

ポジションコンバートというハンデがある状態でもまったく歯が立たなくて心折れまくりのセレクションメンバー。

これで終わったかと思ったら、家族のことを思い出し気持ちを切り替えた葦人。

ここからまた状況が変化。それについてきた大友と橘が素晴らしいコンビネーションで1点もぎ取ったのは非常に熱い展開だった。

合格通知

結果的に葦人はセレクションに合格。

家族も喜ぶかと思ったけど、葦人の母親は「なんかサッカーにアンタを取られるみたいやねぇ」と言った。

嬉しいのは嬉しいのかもしれないけど、なんとも切ない一言だったな。

アオアシ5話感想 オレンジ色の景色

アニメ『アオアシ』5話の感想です。号泣。

一条 花のサポートがすごい

食事のメニューや家族への電話でのサポートなど、一条 花のサポートが半端なかった。

ただ見ていて思ったのは、東京シティ・エスペリオン側はセレクションを受ける前にお金のことなど、葦人の家族に説明しておくべきなのでは?とは思った。

母の思い

電車内の手紙のシーンはまさに号泣必死のシーンだった。

子供のやりたいことを全力で支える母親の思いがたっぷりと詰まった内容だった。これは泣ける。

手紙の内容はもちろんだけど、泣かないと決めていた葦人が手紙を読んでこらえきれずに泣いてしまうところもかなりグッときた。

5話は神回だった。

アオアシ6話感想 最初のファン

アニメ『アオアシ』6話の感想です。

東京シティ・エスペリオンユース癖強い

つい東京シティ・エスペリオンユースとして生活がはじまる!大友と橘が一緒なのは非常に心強い。

葦人と同室の富樫は元ヤンキーとかなかなヤバそう。葦人に対してはわりと友好的にみえたけど、なんか問題起こしそうな雰囲気がある。

一条 花は最初のファン

一条 花はかなり葦人を推しているな。

ただ、エスペリオンユースのヘッドコーチ伊達は、葦人には才能を感じていない模様。

葦人はたしかに技術的にはまだ微妙な部分だらけなのかもしれないけど、フィールドにいる選手の位置を把握するチート能力があるだけに、技術が身についたらとんでもない選手になる予感しかしない。

アオアシ7話感想 ユース初陣

アニメ『アオアシ』7話の感想です。

一条 花といい感じ

一条 花と葦人の距離は徐々に縮まってきている感じ。二人のやり取りはなんか癒された。

一条 花と葦人の関係がどんな感じになっていくのか今後楽しみ。

葦人厳しい状況

紅白戦がついにスタート。序盤こそ点をとって好調なスタートだったけど、途中からまったくついていけない状況になってしまった。

プレーの言語化・・・今の葦人には相当厳しそうではあるけど、まだ入ったばかりでコーチから教えてもらったわけでもない状況だからこれは仕方がない。

いきなり壁にぶち当たってしまったけど、なんとか乗り越えてほしいところ。

アオアシ8話感想 夜練

アニメ『アオアシ』8話の感想です。

紅白戦終了

葦人は最初こそ1点決めたものの、中盤以降はまったくなにもできずに紅白戦終了。

相当厳しいスタートになってしまった。

けど、ここで折れないのが葦人。阿久津にも色々言われたけど、なんとか耐えた。

夜遅くまで練習しまくり

練習に支障がでるレベルで夜練やるのはさすがにやりすぎ。

イマイチ上達している感じがしないから、このまま夜練していても微妙なんじゃないかと思っていたけど、富樫が練習に付き合ってくれる展開になった。

富樫は何を考えているのかよくわからないところもあるけど、技術はかなり高そうなだけに、葦人が上達するきっかけになることを期待したいところ。

アオアシ9話感想 広がるサッカー

アニメ『アオアシ』9話の感想です。

葦人は前回から急激に成長をみせた!

富樫、大友、橘の協力が非常に大きい。

今回から徐々に葦人が認められるような展開がくるかと思ったけど、そう甘くはなかった。

Aチームとの練習でまた課題が・・・

まあでも前回よりは着実に成長しているし、この調子で成長してほしいところ。

それにしてもAチームはマジで別格の強さ。このメンツからレギュラー奪うことなんかできるんだろうか・・・

アオアシ10話感想 譲れないこと

アニメ『アオアシ』10話の感想です。

一条 花に対する葦人の対応はマジで最悪だった。一条 花のドロップキックはとてもきれいだった。

サッカーのほうも前回の問題は解消していない状況。

葦人はすべて自分中心で「俺が俺が」という考え方。その考えは昇格組とはまったく異なっていそうな感じ。

フォワードが自分で点をとることを考えるのはいいことだとは思うんだけど、それだけしか考えられないのもどうなの?と思うような気もするし・・・

なかなか難しい。何が正解なのかよくわからん。

アオアシ11話感想 東京都リーグ第1節 成京高校戦

アニメ『アオアシ』11話の感想です。

途中まで葦人と黒田と朝利の関係が最悪な状態だったけど、終盤になって目を使った意思の疎通が徐々にできるようになってきた模様。

まさかこの1話でここまでの状態になるとは思わなかった。ようやく葦人がエスペリオンズのサッカーを理解し始めたか?

まだ負けている状態だけど、この感じなら逆転の可能性はありそう。

アオアシ12話感想 EAGLE EYE

アニメ『アオアシ』12話の感想です。

サッカーを理解し始めたことと、葦人の特殊能力が合わさり、凄まじい成長をみせた。

黒田と朝利との連携だけでなく、トライアングルを崩してさらに再構築したりと、一気に周りの選手を使えるようになったのはすごい。

負けそうだった成京高校戦試合も無事勝利できたし、チームメイトの関係もだいぶ改善されたし、葦人の成長はさらに加速しそうな予感。

アオアシ13話感想 転

アニメ『アオアシ』13話の感想です。

前回から順調すぎるなと思っていたらやはりまた試練が・・・

福田監督に呼ばれたときに、これ絶対Aチーム昇格の話じゃないと思ったらその通りになった。嫌な予感がしたんだよね。

サイドバック転向ということだったけど、本当にこれから葦人をサイドバックで使いたいと思っているのか?

それとも内心フォワードで期待しているけど、何かを学ばせるためにサイドバックを経験させたいのか?

福田監督の本当の考えが何なのか非常に気になるところ。

アオアシ14話感想 たかがサッカー

アニメ『アオアシ』14話の感想です。

一条 花のサポート能力マジですごい。ここまでしてくれる人はなかなかいないと思う。

葦人はなんとか気持ちを切り替えようとしてはいるものの、本当にこのままサイドバックをやるのを受け入れられるんだろうか・・・

最後のシーンでは阿久津がものすごく悪い顔してた(笑)次回も大変なことになりそうな予感。

アオアシ15話感想 いるべき場所

葦人はまだ葛藤中ではあるものの、試合の最後にちょっとだけ能力を発揮していたし、この感じで少しずつ馴染んで成長していくのかな。

富樫や本木からは司令塔という言葉が出てきた。福田監督の考えはわからないままけど、フォワードではない別のポジションで、葦人の特殊能力を生かしていきたいと思っている可能性は十分ありそう。

アオアシ16話感想 お前みたいに

葦人は自分の特殊能力を少しづつ伸ばし初めて良い方向に進んでいる感じ。今は少し前よりも前向きにやっているだけに、試合に出場する機会ももらえるかもしれないなと感じた。

最後のほうには、エスペリオンユースのセレクションにいた金田と中野が登場したけど金田はかなり怒っていた。

東京武蔵野蹴球団のメンバーということなので、エスペリオンユースとの試合ではかなりバチバチな展開になりそう。

アオアシ17感想 東京都リーグ第7節 多摩体育大学附属高校戦

今回も葦人はサイドバックとして着実に成長中。ちょっとヒントを得たらそこからの成長力が半端ない。

伊達もその成長をしっかりと把握してアドバイスしているところもいい感じ。

この調子なら近いうちに覚醒する可能性もありそう。

今回の試合は義経が出場しているけどやはりレベルが違う。こいつがいたら勝てる感じがすごい出てる。

悩める橘は義経の凄さに自信をなくしている様子だったけど大丈夫だろうか。

東京武蔵野蹴球団との試合も控えているし、橘もなんとか頑張ってほしいところ。

アオアシ18話感想 Wind of Change

葦人が途中から攻撃に参加できるところまで上がれるようになってから、またプレイに迷いが出てきていた。

慣れるまではこの不安定さは続くだろうけど、福田監督からも褒められているし、少し希望が見えてきた感じかな。

橘は今回で完全に自身を失った模様。これはかなり重症かもしれない。

葦人が橘を連れて東京武蔵野蹴球団の試合を見に行くといっていたけど、これが刺激になって目覚めるという展開はあるかな。

早く自信を取り戻してほしところだけど、どうなるだろうか。

アオアシ19話感想 俺たちにないもの

金田は今回の試合もしっかりと点を取ってた。ただ、チームメイトとのトラブルも抱えているっぽいから、金田は武器にも弱点にもなりそうな感じがする。

葦人と一条 花は良い雰囲気になりそうでならないな。ハイキックは凄かった(笑)

橘は今回も微妙な感じのままだった。

武蔵野戦ではスタメンのメンバーに入っていたから、試合の中でなんとか自身を取り戻してほしいところ。

アオアシ20話感想 本当に弱い奴は

富樫がエスペリオンズ昇格組を毛嫌いしていた理由はサッカーに対する考え方の違いだったのか。

まあどっちが正しいか?というのは難しいところだけど、武蔵野戦は富樫の考えるサッカーが勝つための重要なポイントになりそう。

橘に関してはだいぶやる気が戻ってきている感じ。次回以降、チームのどんよりとした雰囲気も徐々に変わっていく感じになるのか?注目したいところ。

アオアシ21話感想 東京都リーグ第8節 東京武蔵野蹴球団ユース戦

武蔵野は全勝しているだけあってめちゃくちゃ強い。

技術的にはエスペリオンズのほうが上なのかもしれないけど、チームとしての総合力はエスペリオンズよりも高そうな雰囲気。

金田もマジですごい成長してた。セレクションのときとは別人。試合前に葦人たちをめちゃくちゃ煽ることだけのことはあるなと感じた。

最後には1点取られてしまったし、想像通り相当厳しい試合になりそう。

アオアシ22話感想 修羅の如く

ついに橘が覚醒したっぽい。だいぶ苦しんでいたけどようやく本来の実力を出せるようになってよかった。

橘が本調子になって、エスペリオンズが一気に押す展開になるか?と思ったけど、武蔵野の統率力と監督の優秀さが半端なくてまた劣勢になってしまった。葦人の視野の広さにも気付いているし、この監督マジですごい。

金田はマジでゴールに対する執念が半端ない。金田を止めないと3点目取られるのも時間の問題かもしれない。

最後、なんとか失点を防いだものの、今回もまたリードされている状態で終わってしまった。

ここから逆転できるのか?葦人は点を取れるのか?次回も楽しみ。

アオアシ23話感想 頑張れ負けるな力のかぎり

ハーフタイム終了後から一気に違うチームになったな。

言葉は荒いけど、着実にお互いを認め合い始めているし、それに伴って連携も取れるようになってきていよいよエスペリオンズの本当の実力が発揮されそうな雰囲気。

葦人は福田監督のアドバイスと進化したチート能力によって、また一歩成長しそうな感じになってきた。

同点になったし、このまま一気に逆転するのを期待したい。

それにしても金田は急に弱体化しすぎじゃないかな・・・

アオアシ最終回24話感想 ここから

葦人がこの試合で一気に成長したことで、エスペリオンズの連携も良くなって無事逆転して試合に勝てたのは良かった。

やはり葦人の能力はチートだな。

この試合の活躍によってAチームへの昇格も決まったし、これからついに始まるといった感じだった。

一条 花は今回かなり思い切った行動に出てびっくりした。これで葦人も意識するようになったりするんだろうか?

アニメ『アオアシ』の評価

序盤は葦人の「俺が俺が」というのがあまりに強すぎて若干イラッとするところもあったけど、なんだかんだ最終回まで楽しめました。

ただ、1期では試合がそこまで多いわけではなかったし、Aチームに昇格して、まさにここからというところで終わってしまってしまったので、そこは残念でしたね。

ここから更に面白くなりそうなだけに、アニメ2期に期待したいところです。

アニメの続きは単行本12巻から読めるみたいなので、続きが気になってしょうがない人はこちらをチェックしましょう!

著:小林有吾, その他:上野直彦
¥693 (2022/09/28 18:03時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

アニメ『アオアシ』の見逃し配信情報

TVアニメ『アオアシ』の見逃し配信を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。

U-NEXT

U-NEXTは、アニメ、漫画、映画、ドラマなど、幅広いジャンルの動画を楽しめるのが特徴の動画配信サービスです。

無料体験は31日間。無料体験期間中に解約すれば料金は一切かかりません。無料です。

dアニメストア

dアニメストアは作品数が豊富なアニメ見放題サービスです。

とにかくアニメが好きな方に非常におすすめの動画配信サービスとなっています。

無料体験は初回31日間。無料体験期間中に解約すれば料金は一切かかりません。無料です。

※初回31日間無料(31日経過後は自動継続となり、その月から月額料金全額がかかります。)

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員特典に含まれている動画配信サービスで、映画・ドラマ・アニメなど、見放題作品を楽しむことができます。

無料体験は31日間。無料体験期間中に解約すれば料金は一切かかりません。無料です。

dTV

dTVは、映画・ドラマ・アニメ・音楽など、さまざまなジャンルジャンルの作品を配信する動画配信サービスです。

ドコモのケータイを契約していない人でも利用できます。

無料体験は初回31日間。無料体験期間中に解約すれば料金は一切かかりません。無料です。

Hulu

Huluは、人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見放題の動画配信サービスです。Huluでしか見られないHuluオリジナル作品も配信されています。

無料体験は2週間。無料体験期間中に解約すれば料金は一切かかりません。無料です。

※2022年5月時点の情報です。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

アニメ『アオアシ』基本情報

アニメ『アオアシ』の基本的な情報を紹介。

原作

小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中。累計1,000万部突破の人気サッカー漫画。

著:小林有吾, その他:上野直彦
¥693 (2022/10/03 01:33時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

スタッフ

原作:小林有吾「アオアシ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:さとう陽
シリーズ構成:横谷昌宏
副監督:曽我準
サッカー監修:竹下健一、曽我準、飯塚健司
キャラクターデザイン:中武学、川村敏江、山口飛鳥、長谷川早紀
サブキャラクターデザイン:清池奈保、渡部由紀子、大導寺美穂、白井英介、本田真之
総作画監督:中武学、山口飛鳥プロップデザイン:伊東ありさ、津坂美織
色彩設計:上野詠美子
美術監督:垣堺司、竹田悠介
美術設定:金平和茂、伊井蔵
2Dワークス:濱中亜希子
プリビジュアライゼーション:前島昌格
3D:森本シグマ
撮影監督:今関舞子
編集:村上義典
音響監督:はたしょう二
音楽:横山克
アニメーション制作:Production I.G

キャスト

青井葦人:大鈴功起
大友栄作:橘龍丸
橘総一朗:山下誠一郎
冨樫慶司:八代拓
黒田勘平:堀江瞬
朝利マーチス淳:加藤渉
本木遊馬:榎木淳弥
竹島龍一:熊谷健太郎阿久津渚:武内駿輔
栗林晴久:梅原裕一郎
中村平:小野賢章
桐木曜一:内山昂輝
高杉榮太:古川慎
義経健太:興津和幸
一条花:河瀬茉希
海堂杏里:上田麗奈
福田達也:小林親弘
伊達望:安元洋貴

TVアニメ『アオアシ』公式PV第1弾|22年4月9日(土)午後6時25分~NHKEテレにて放送開始!

オープニングテーマ Alexandros 無心拍数

エンディングテーマ Rin音 Blue Diary

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット、ブログ運営、稼ぐ方法、アニメ、食べ物などの話題が気になるブロガーです。

レビュー記事やモノ・サービスの使い方・操作方法に関する記事を中心に書いています。

目次