ガジェット

Amazon、「Fire TV Cube」(第2世代)を11月5日に発売。本日より予約受付スタート

Fire TV Cube

Amazonは、ストリーミングメディア端末「Fire TV Cube」(第2世代)を11月5日から販売することを発表しました。それにともない、本日9月5日より予約受付が開始されています。

Fire TVシリーズ史上最もパワフル!ヘキサコアプロセッサを搭載した「Fire TV Cube」(第2世代)が登場!

Fire TV Cube2

「Fire TV Cube」(第2世代)は、パワフルなヘキサコアプロセッサを搭載。滑らかな4K UHDストリーミングで4K UHD対応のコンテンツや映画を堪能したり、Prime Video、YouTube、Netflix、Hulu、DAZN、FOD、AbemaTV、TVerなどのお気に入りのコンテンツを楽しむことができます。また、Alexaスキルも利用することができます。

8つのマイクアレイと高度なビームフォーミング技術を駆使した遠隔音声認識機能によって、残響音や再生しているコンテンツの音、そして他の話し声を個々のマイクが信号を処理し明確に聞き分けることができるため、雑音の中でもユーザーの呼びかけにAlexaが応答。例えば「アレクサ、ザ・ボーイズ 字幕版を再生して」と呼びかければ、テレビがオンになり、Prime Videoで前回停止した場面から視聴が再開します。

さらに、Fire TV Cubeは双方向の赤外線(IR)、HDMI-CECおよびクラウド経由での制御に対応し、Alexaを通じて、対応するテレビやサウンドバー、AVアンプ、およびその他のスマートホームデバイスをコントロールできます*5。またスピーカー内蔵のためテレビをつけていなくても、Alexaに天気予報やニュースを聞いたり音楽をかけたりすることも可能です。

日本に新しく登場した「Fire TV Cube」(第2世代)は、赤外線(IR)延長ケーブルとAmazonイーサネットアダプタが付属しており、価格は14,980円(税込)。本日9月5日(木)より予約が開始されています。

Fire TV Cube3