レビュー・感想

【ロジクール ERGO M575Sレビュー】アップデートでより使いやすさが向上した定番トラックボールマウス

ERGO M575

どうもキニサーチです。

使っていたトラックボールマウスの調子が悪くなったため「ERGO M575S」を購入しました。

10年振りにアップデートされたロジクールのトラックボールマウスの使い心地はいかに・・・

というわけで、本記事では「ERGO M575S」のレビューしていきます。

ロジクール ERGO M575S外観レビュー

ERGO M575Sの箱はこんな感じ。

ERGO M575箱

見た目は結構ゴツいです。ボタン全部で5つ。

ERGO M575上から

裏面はこんな感じです

ERGO M575裏面

電池を入れるところを開けると、USBレシーバーが入っています。使わないときはここに収納できるのは便利です。

ERGO M575裏面開けたところ

ロジクール ERGO M575Sの良いところ・メリット

ERGO M575左から

ではここからはERGO M575Sを実際に使ってみて良かったところを書いていきます。

持ちやすく操作しやすい

結構ゴツい見た目ですが、このゴツさが自分にとっては良くて、持ったときに手にフィットして持ちやすいです。

トラックボールの動きもスムーズですし、カーソルが飛ぶこともありません。傾斜があることでスクロールホイールや左右のクリックなども押しやすいです。

BluetoothとUnifyingUSBに対応

ERGO M575Sは、UnifyingUSBとBluetoothに対応しており、どっちでも使えるようになっています。

UnifyingUSBとBluetooth接続で別のパソコンで使うことも可能なので、かなり便利です。

掃除・手入れがしやすい

トラックボールはこまめに掃除する必要があります。

ERGO M575Sはトラックボールの後ろの穴が大きめになっているので、指で押すだけでトラックボールを取ることができます。なので、掃除・手入れが非常にしやすいのがものすごく良いです。

ERGO M575裏面
前に使っていたMX ERGOは穴がここまで大きくなかっため、トラックボールを取るために細い棒などで押していたので、この掃除のしやすさはマジで便利です。

電池寿命が長い

ERGO M575SはUnifyingUSB利用時は最大24ケ月、Bluetooth接続時は最大20ケ月持つとのことで、電池寿命が長く頻繁に電池を交換する手間が省けるのも魅力です。

ロジクール ERGO M575Sの悪いところ・デメリット

ERGO M575正面から

ERGO M575Sを実際に使ってみて悪かったところを書いていきます。

掃除・手入れが必ず必要

これはERGO M575Sに限ったことではなく、トラックボールマウスのデメリットになってしまうのですが、トラックボールマウスを使っているとトラックボールの収納部分にゴミや汚れが溜まってしまいます。なので、トラックボールの動きが悪くなったときは、定期的に掃除が必要になります。

ちょっと手間がかかるし面倒ではあるので、これはデメリットになるかなと思います。

ロジクール ERGO M575Sレビューまとめ

10年振りにアップデートされたロジクールのトラックボールマウス「ERGO M575S」のレビューを書きました。

手にフィットし、操作性も良く、掃除もしやすくなっている非常におすすめできるトラックボールマウスだと思います。

トラックボールマウスを使ってみようかな?と思っている方は、ぜひ「ERGO M575S」を試してみてください。

私が購入したM575Sは1年保証で価格が少し安いです。

M575OWとM575GRはM575Sと比較すると少し価格が高いですが2年保証になっています。保証期間が違うだけで同じ製品です。